株式会社日宣

Media Business

コンテンツ・メディアの受託制作

受託制作サービス

ホームセンター発・暮らしメディア「Pacoma」の視点や編集力を貴社のマーケティングに活かしてみませんか

ホームセンターという地域密着・暮らし密着型チャネルに約30年にわたって寄り添い、
その商品と生活者とのつながりを探索~編集し続けてきた唯一無二の暮らしメディア「Pacoma」。
そこで培われてきたユニークな生活インサイト発見力、
さまざまな専門家やコミュニティとの共創力、コンテキスト(文脈)編集力、コンテンツ開発力を、
貴社ブランドのマーケティングにご活用いただけます。

ご提供サービス

  • Point 01

    ファンをつくる、暮らしコンテキスト&コンテンツ開発

    貴社がアプローチしたい生活者に向けて、Pacomaの知見やノウハウ、識者ネットワークを活用して、
    共感性のある暮らしのコンテキスト(文脈)および、それに基づいたコンテンツの企画制作~運用を行います。

  • Point 02

    受託メディア制作・運用

    Pacoma編集部がもつノウハウ、編集力を活かして、貴社のためのオウンドメディアを制作・運用することが可能です。
    大手住宅メーカーの季刊誌、不動産会社の会員誌、大手流通の店頭マガジンなど、さまざまな実績があります。企画~発行まで、すべてをワンストップでお任せいただけます。

実績の一部をご紹介します

  • Case

    旭化成ホームズ HEBEL HAUS
    共働き家事ノウハウコンテンツ

    忙しい共働き夫婦のための家事ノウハウを、HEBEL HAUSとのコラボレーションによって独自コンテンツ化。HEBEL HAUSに興味をもっていただいた共働きのお客様に向けて、住宅展示場や、接客の場、ツールなどを通じて、よりよい暮らしのためのTIPとしてご提供。
    コンテンツを通じて、HEBEL HAUSというブランドへ
    の共感づくりと、共働き夫婦のための工夫満載のHEBEL HAUSの住まいへの興味・信頼づくりを後押ししています。

生活者インサイトの発見もご支援できます

  • Pacomaは、生活者とホームセンターの商品を「結びつける」という思考と取り組みを、約30年にわたって続けてきたメディアです。それは、今の暮らしの中で、その商品がどう活躍するかという価値を削り出す作業。
    メーカーやホームセンターが自認している商品の価値と、生活者が良いと思えるポイントが、実は必ずしも一致しているとは限りません。Pacoma編集部は、生活者の気分や状況をつぶさに拾い、その商品が本当に役立つ場面や、役立て方を見つけて、双方をつなげるためのスキルを磨き続けてきました。

  • 例えば名物企画である「家事ラクグッズ大賞」も、単に売れた商品を紹介しているのではなく、共働き家庭が増えたことで改めて人気が出た商品であったり、コロナ禍で再注目された商品など、「まさに今」という視点、時代の匂いや文脈の捉え方を大切にして編集しています。
    そうしたスキルをもつ編集部だからこそ、生活者と貴社商品を「結びつける」ための、イマドキの生活者のリアルインサイトを発見することが可能です。
    そのインサイトを核に、日宣が広告会社として保有しているマーケティング力、プランニング力、クリエイティブ力、運用力を結集し、コミュニケーション開発や商品・サービス企画をサポートします。