株式会社日宣

ビジョン

目指すのは、コミュニティ・エコシステム・カンパニー

生活者を「コミュニティ」=人と人の“小さなつながり”として捉え、その発想を起点に、企業・地域・さまざまなプレイヤーをむすびつけ、新しい連携や共創=エコシステムをつくりだす。
日宣は、そんなサービスやモデルを、広告会社のDNAをもとに生み出し、世の中のグッドに貢献していく会社を目指します。

私たちのフィロソフィー

  • 「マス」からでも「個人」からでもなく、「コミュニティ」という単位から発想していく会社。

    わたしたちは、コミュニティという“小さなつながり”を起点にして、マーケティングやビジネスのモデルを考えはじめます。
    コミュニティとは、共通の思いやニーズや目的でつながっている、人と人とのつながりです。
    コミュニティという単位を起点にすることが、これからの生活者と企業と社会の新しい幸福な関係性づくりのベストウェイだと考えています。

  • コミュニティがもつポテンシャルを見出し、チカラに変える。

    コミュニティがもつ共通の思いには、個人という単位では出せない動力・求心力・拡散力・影響力が顕在化または潜在化しています。
    それは、そのコミュニティがもつポテンシャルだと言えます。
    わたしたちはさまざまなコミュニティにそうしたポテンシャルを見出し、その力を軸にして企業やクリエイター・専門家・サービスベンダー・地方自治体などをつなげていくことで、新しいサービスやソリューションや市場の開発や、地域や社会を一歩でもよりよくする仕組みづくりに貢献していきます。

  • “広告モデル”の、次のかたちへ。

    わたしたちは、生活者の暮らしや社会に、企業の力を効果的に還流させていくことが、広告会社という生業のパーパスだと思っています。
    広告モデルは、大きなインパクトと価値を生活者・企業・社会にもたらすモデルです。
    しかし、従来のような「メディア」を主体・前提とした広告モデルでは、かつてのような生活者と企業の幸福な関係性づくりに寄与しなくなりつつあることも確かです。

    広告という手法がもたらすマーケティング効果が変化・減退し、企業ではなく生活者が情報の発信や取得の主体になった時代。
    「マスへの刷り込み」でもなく、「デジタルによる個人追跡」でもない、広告モデルの新しい在り方を、わたしたちはコミュニティを起点に発想することで見出していきたいと考えています。

    生活者と企業・社会の新しい幸福な関係性づくりに寄与するエコシステムを、ユニークなサービスや仕組み・アイデアによって生み出していくことを、日宣は目指します。

私たちのミッション

  • コミュニティと共にグッドをつくる

    生活者コミュニティのパートナーとなり、そのニーズを共に叶えていく発想を起点に、企業、地域にとっての価値も生み出していきます。

  • コミュニティの力を市場や社会に解放する

    生活者コミュニティには、社会リソースとしての力・ポテンシャルがあります。
    その力に着目し、市場や社会に対して解放していきます。

フォーカスする3つのコミュニティ

  • ローカルコミュニティ

    地域世帯=近距離コミュニティの可能性を活かす

    More

  • ブランドコミュニティ

    企業とつながる顧客コミュニティの可能性を活かす

    More

  • ライフスタイルコミュニティ

    共通の価値観や志向でつながるコミュニティの可能性を活かす

    More

私たちが目指す姿

私たちは、3つのコアを確立していきます。

  • 1. コアネットワーク / コアメディア
    • 全国各地に根差したケーブルテレビ局、ホームセンターとのネットワーク
    • その核となる自社メディアおよびサービスの強化、開発
  • 2. コアデータ
    • 独自のネットワークやメディアを通じてつながるコミュニティや世帯のデータ開発、保有
  • 3. コアマーケティングスキル
    • コミュニティマーケティング、ファンマーケティングのノウハウやシステムの開発、保有

これらを掛け合わせることで、さまざまなビジネスを総合的に展開するユニークな広告会社、事業会社を目指します。